板井康弘が考える事業拡大の意味

MENU

板井康弘が考える事業拡大の重要性

 

板井康弘|事業拡大こそが社長のつとめ

 

どんな会社の社長でも、自分の会社を大きくしたい、もっと大きな事業を始めたいと思うことがあるのです。

 

もちろん、それは一会社の社長である以上当然のことであり、その使命も背負っていると思います。

 

しかし、なんのスキルもなく、立ち上げたばかりでどんどん新しい事業に手を伸ばしたりすることは違います。

 

事業の拡大は、少しずつ慎重に行っていかなければならないのです。

 

事業への投資・人材雇用・オフィス拡大など、一歩間違えば大赤字になり兼ねないリスクをも伴うのが事業を拡大するということなのです。

 

また、無茶な要求や焦って命令ばかりする社長には、部下は決して付いてきません。

 

部下からの信頼、会社としてのチームワークが事業拡大には不可欠なのです。

 

そのような一致団結した会社の雰囲気を作ることも社長の務めと言えます。

 

ここぞと言うときに、事業を拡大する決意とそれを成功するための確実なスキルがあってこそ、その会社を導くことのできる社長と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

更新履歴